だし料理は日本のソウルフード

日本のソウルフード

和食には欠かすことができないものがあります。それはだしです。家庭によって様々な形のだしが必ず一つはあるのではないでしょうか?だしは日本で食べられる和食にはほとんどの場合含まれています。和食が調味料をほとんど使わずともおいしい味が出せるのはこのだしのお陰です。だしは万能でどんな汁物にも合います。

だしを使う場面は、和食であれば多くあります。例えば汁物ならほとんどの料理に入っていますし、和え物や焼き物でもその味付けの中での存在を感じずにはいれません。夏に食べる酢の物料理もだしが入っているだけでおいしさの印象が変わります。難しいと思っている方がいるかもしれませんが、通販のだしで鍋料理に簡単に使うことができます。

冬料理の代表の鍋料理もだしが大切になってきます。おいしい鍋料理には必ずこんぶが入っているような気がするのですが気のせいでしょうか?このだしがあるのとないのとでは味の差がすごく違います。だしは素材の旨味をしっかりと出すための一つの調味料です。やはり侮ることなかれ。和食であればそのほとんどの料理に入っているだし。やはりなくてはならない調味料ですね。