健康は大さじ1のお酢から

通販から購入するお酢や、果実酢、黒酢、米酢など……様々なお酢がありますがこれら全てはお酢の効果を得ることができます。飲むのはもちろんお酢を使ったきゅうりの酢の物料理でもしっかりと実感することができます。そもそもお酢の効果って一体どんなもの?

お酢は健康的な調味料

お酢は、その実、栄養素が豊富で特にダイエットに効果のある成分、酢酸、クエン酸、アミノ酸が多く含まれています。主成分である酢酸は脂肪の蓄積をおさえてくれる効果があります。それだけでなく、食後の血糖値の上昇を穏やかにすることで、インスリンの分泌を穏やかにし、脂肪がつきにくくしてくれるのです。クエン酸は、脂肪を分解しエネルギーに変えるのを助ける作用があり、アミノ酸の一部には、脂肪の燃焼を助ける効果もあり、お酢は、蓄積と燃焼のどちらにも効果があります。それだけではなく、ダイエットの大敵である便秘にも効果があり、高い殺菌効果で、腸内を殺菌してくれ、お酢の刺激で腸が動きやすくなります。

この飲み方が一番!

おすすめの飲み方は、一日3回に分けて、食事中、食後に飲むか、脂肪の燃焼を促進させるために、運動後やお風呂上がりにお酢のドリンクを飲むと、さらにダイエット効果があがります。ダイエットにおすすめなお酢は、ずばり黒酢です。黒酢は、酸味や風味がまろやかなので、ドリンクとしても飲みやすいだけでなく、アミノ酸が豊富でダイエットに最適です。他にも、アミノ酸の豊富なお酢は、玄米酢、香酢です。クエン酸が豊富なお酢は、もろみ酢、リンゴ酢になります。クエン酸豊富なお酢を運動後やお風呂上がりに飲むのも、合理的な方法かもしれませんね。お酢には、醸造酢と合成酢の二種がありますが、アミノ酸が豊富なのは、醸造酢です。ダイエット効果を狙って飲むなら、アミノ酸が豊富な醸造酢にしましょう。ドリンクとして飲むものもちろん、効果的ですが、お酢の成分は加熱されても壊れることはなく、料理に入れて摂取するのもおすすめです。

お酢の摂取目安

そのお酢を一日どれだけ摂取すればいいのか、というと、一日大さじ1~2杯(15ml~30ml)だけです。でも、飲むには注意が必要で、多く取りすぎない事、食事の前に飲むと食欲が増進してしまい、余計に食べてしまうので、食事の途中に飲んだり食後に飲むのがおすすめです。食道、胃腸の刺激が強いので、空腹時に飲むことは控えましょう。それ以外にも、胃腸が弱い人も注意が必要です。