簡単に使える体に優しい調味料

お酢の健康との関わり

さわやかな酸味があり、お酢を使用したドリンクも発売され通販で多種多様なお酢がある等他の調味料に比べて健康に良さそうなイメージのあるお酢ですが実際どのように良いのでしょうか。

お酢の健康への効果として高めの血圧を下げる作用があります。
実際に血圧の高い方が毎日の食事でお酢を摂取した結果血圧が下がるというデータも出ています。
また、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることや内臓脂肪の減少をお手伝いする働きがあるそうです。
糖尿病予防やメタボ予防に積極的に摂りたいですね。

食事でお酢を摂るには

しかし使い慣れていない方には毎日お酢を使った献立を考えることはハードルが高く感じることもあると思います。
次は食卓への取り入れ方についてまとめます。
健康に良いことが分かり大量に摂りたいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、1日に摂取する目安は大さじ1杯(約15ml)です。毎日継続的に摂取することが大切です。
お酢は使い方によって減塩効果も期待できるのでいつものメニューに取り入れてみることがおすすめです。

お酢で減塩できる

塩分を減らすと物足りなさを感じるかたもいらっしゃると思いますが、お酢の酸味を利用することで味が決まらないという悩みを防ぐことが出来ます。
生姜焼きや手羽元の煮物などを作る際に醤油の量を半分に減らし、半量をお酢に変えることでさっぱりとして美味しくご飯の進むおかずになります。

また、合わせ酢(酢:3砂糖:2醤油:1)を利用すると簡単に副菜を準備することが出来ます。合わせ酢に野菜(トマト、キュウリ、大根、人参など)を入れて冷蔵庫で冷やすだけです。醤油をオリーブオイルに変えてお刺身でマリネを作るのも良いと思います。
外食が多く自炊をする時間が無い方はりんご酢などの果実酢や黒酢を水で割って飲む習慣を始めるのはいかがでしょうか。
お酢は唾液の分泌を促す効果もあるので消化吸収が良くなる効果もあります。
夏場など食欲のない時にはうれしいですね。
お酢は健康な生活を支えるパワーのある調味料です。
手軽に取り入れることも出来るのでぜひ常備調味料として活躍させて頂きたいです。